成功は失敗のかなたにある

2本目に植えたエルグレコ(ギリシャの種類)の綺麗な銀緑色の葉がみるみる茶色になっていきます。
これはもう、まずそうです!。。

ファームに植えましたがこのままだと駄目になりそう(もう手遅れ?)
とりあえず一度抜いて根を水で洗い流し鉢に戻しました。

何が悪かったのだろう?

土は1本目と大きく変わったところはないつもりです。
新たに加えたのは油粕くらいです。
先日植えた1本目のチプレッチーノは元気にしております。

うーん

きっと苦土石灰(くどせっかい)だ!

思い当たるのは苦土石灰くらいです。
多く混ぜすぎた、時間を二週間くらい置かなかった。
両方考えられます。
結論はわかりませんが、
多かったかと
おそらく弱アルカリ性を超えアルカリ、強アルカリ性になったのかな?
その仮説を立てそこの土を周りとよくかき混ぜ中和させました。

一冬過ごしたエルグレコ様、ごめんなさい(T ^ T)

苦土石灰は『くどせっかい』と読みます。
日本の土は酸性に傾いている傾向が強いです。
植物によりますが、大体の植物は弱アルカリ性を好みます。
お肌は弱酸性がいいです!
どっちでもいいですね。爆

オリーブもアルカリ性を好みます。
それで酸性を中和させ土壌改良して中性からアルカリ性に土壌を変える為に使用します。
ただ人間も身体に良いものも適量があり、取りすぎはよくないです。

何事も節度ある控えめがいいのです。

お節介も苦土石灰も控えめにです。爆

また苦土石灰をまいて土壌改良している間にアンモニアが発生したり、
植物は人間が酸素を吸う様に窒素を土壌から吸う。
この時窒素が減り酸欠ならぬ窒素欠になるようす
そんなこともあり二週間くらい前からやったり、
比較的効果の弱めな苦土石灰を使うそうなのですが
いくら弱めに効く苦土石灰使っても量が多いわ、土壌が変化する時間を待たんわ
これではオリーブも悪いことが重なり窒息を起こしてもしかたないです。はい

試しに雑草の根に同じことをやると雑草も枯れます。

可愛がってきたエルグレコ様なので私もガッカリです。
無知な主人を許してください。

だけど凹んでばかりもいられません。エルグレコ様には申し訳ないですが

成功は失敗の先にあるもの!
しなくてもよい失敗だったかもしれませんが、
いや失敗から学ぶのです。
ここはポジティブシンキングで考え
オリーブ園という未来の為に失敗を見せてくれたエルグレコ様ありがとう。

これを糧に精進してまいります。
ごめんなさいでもありがとう 安らかに

石橋を叩いて渡らない
そんな事では人生も進まない
失敗を積み重ねても前進していればきっと・・未来(成功)へ

メニューを閉じる